1行紹介

久しぶりの専業主婦ですv子育て青春真っ最中!

自己紹介文

お菓子作りが好きで、オット様と子供たちが何よりも大好きな35歳専業主婦。
去年までフルで働いていたんだけど、10年ぶりの懐妊でめでたく寿退社(?)
現在中学2年(♀)と小学4年(♂)と生後4ヵ月(♂)の3人の子供と一つ年下のオット様との面白おかしいスットコドッコイでヘッポコピーなお気楽ライフを満喫中。
こう見えて(どう見えて?)人生の激しい荒波を潜り抜けて今の幸せお気楽ライフがあると思っているので、人生何が幸いするか分からないと深く実感。ことの真実は徐々に明らかにされるであろう。乞うご期待!
・・・というような私ですが、どうぞよろしくv

8月1日追記

ちょうど今から2年前の8月に前の夫の転勤について静岡のとある町から北海道に転勤になった。
そのころ私は保険外交員の仕事が軌道に乗りはじめ、顧客もつき、毎日充実していたにもかかわらず、「単身赴任はしない、もしもついてこないなら子供は俺がつれて移動する、お前はこっちで1人で生きればいい・・・」と言うようなことを言われ、私は泣く泣く仕事をやめ、ついていくことにした。
前夫の故郷である任地に彼は気が大きくなっていたのだろうか、以前から子供や私に対する態度(言葉での侮辱や罵詈雑言に加え、時折加えられる体罰と言うなの虐待)がますますひどくなり、たった2ヵ月半だけど北海道から車一つで逃げ出してきた。
もちろん車に乗せてあるものは子供二人と猫3匹。
一路北海道から静岡のとある田舎町へ。
実家から少し離れているこの町で親子3人協力して生きていくつもりで腰をすえて、しばらくして離婚も成立。
自分1人で頑張るつもりが、以前の仕事で少し縁のあった人とこの町で再会。そして交際スタート。
すぐに「結婚して欲しい。子供達も大事にするから」と言う言葉にほだされて結婚。
ダメならまたやり直しすればいいや。バツイチもバツニもあまり差は無い。と思い切って結婚しようと思ったら、双方の親の妨害。しかし計画妊娠で親達を黙らせて今にいたる。

娘が言う「わたし今までの人生で多分今が一番幸せv」
母もだよ・・・

興味のあること

料理 お菓子作り 読書 ショッピング